メニュー

検査について(3DCT CT 内視鏡等)

大腸3DCT

近年大腸がんは男女ともに増加傾向にあります。当院では従来の大腸カメラと比較し、より苦痛が少なく短時間で検査ができる大腸3DCTを導入しました。

▲左は小さな良性のポリープ、右は進行がんになります。 

▲同一病変を3DCTと従来のカメラで検査したものですが、ほぼ相違なく観察できます。

冠動脈3DCT

狭心症、心筋梗塞は心臓を取り巻く重要な血管(冠状動脈)が細くなったり、詰まったりすることにより引き起こされます。当院では高性能CTを用いて3D処理を行い外来でも短時間の検査で発見できるようになりました。

このように高性能なCTを用いて3D処理することによってカテーテル検査と同じように見ることができます。

CTスキャン

img09

従来の16列から80列に進化したCTで「放射線の被ばく量の軽減」・「検査時間が短く」・「よりハッキリとキレイ」に検査が出来るようになりました。

被ばく量

気になる放射線量が最大75%、通常モードでも50%の軽減と大幅に軽減しました。(東芝社比)

検査時間

息止めの時間が従来20秒だったのが2~5秒程度まで短縮され苦痛も軽減します。

よりキレイに

CTで撮影した範囲が今まで以上に隅々まで分かるようになります。

内視鏡検査

ご希望の方は鎮静剤を使用し、苦痛を少なく行うことができます。

胃内視鏡検査

鼻から行う内視鏡検査には、こんな特徴があります

苦痛が少ない
当院の内視鏡は鼻にスムーズに挿入できる約5mmの細さです。検査中の苦痛が少ないため、強い麻酔の必要もありません。

・吐き気がおきにくい
内視鏡が下のつけ根を通らず、のどに触れることもないので、不快感や吐き気をほとんど感じずに検査を受けることができます。

会話ができる
検査中も会話が可能です。質問をしたいとき、気分を告げたいときなど、医師と自由にお話できるので安心です。

 

 

大腸内視鏡検査

従来の大腸カメラも実施しております。

大腸内視鏡像

img_12img_04img_13

その他の検査

  • 超音波(エコー)検査室
  • 心電図
  • 24時間連続心電図計
  • 呼吸機能検査
  • 簡易終夜睡眠ポリグラフィ(睡眠時無呼吸症候群の検査)
  • 動脈硬化の診断
  • 骨密度検定  など各種検査を取り揃えております。

HOME

スマートフォンに対応しています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME